『おもてなし』日本万歳!!〜マレーシアに新卒で就職したカップルのブログ〜

注意
この記事はhttps://malaysiamorimori.muragon.comから移行した記事です。
2015年に書いたもので、2018年3月現在僕は日本に戻っています!
はい。 日本のえーとこ編ラスト。     『接客が神対応』 に関してですね。     これに関してはすごく有名な話で、海外では客様より、提供している側の方が上の立場で、『俺らがくわしてやってんねん。ありがたく思いな』みたいな文化があるからってのが主な理由でよく挙げられますよね。   日本はお客様は神様やみたいなのが、当たり前ですけどもう一個掘り下げて、 『お客様は神様や理論はどこから始まったのか?』 ということを少し調べてみました。   なんか諸説あって非常に分かりにくい・・・。     ダイエーがその精神を取り入れて、そっから一気に広まったとか、 三波春男さんとかいう人が言い出してひろまったからとか、 そもそも、商売をしてお金を設けること自体が卑しいこととされてたから、払う側の立場が上になったとか     そんな感じのことが書かれていて、何が本当なのか良く分かりません。   また、この精神は客をつげ上がらせるからよくないとか、クレーマーがいっぱいでてくるとか、いろいろ悪い話と一緒に書かれていることが多かったです。       まあ、確かにそういう側面もあるでしょうが、正直この精神が生み出したメリットはそんなちんけな話と比較にならんほど大きいと思います。   これが日本を象徴するといってもいいと思うし、ありとあらゆるに日本独自の強みはすべてこの精神から派生していると思います。   接客だけでなくて、食文化も、車も、電車も、なにもかも徹底的に『顧客』視点にたった結果、頑丈で、安全で、確実で、安定していて、こだわっていて、種類が豊富で、それがすべて日本のアイデンティティを作っているとそう思うわけです。   メイドインジャパンのブランドはこの『行き過ぎたともいえるかもしれない顧客志向』なしには生まれなかったと思いますし、それを実際に行動に移せる日本人の精神はほんとうに誇るべきことやと思います。     はい。 それでは今日はこれまで!!まだ頭痛くてはきそうだ!!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です