『ボンビーガール』で取り上げられたよ!〜マレーシアでともに新卒就職したカップルのブログ〜

注意
この記事はhttps://malaysiamorimori.muragon.comから移行した記事です。
2015年に書いたもので、2018年3月現在僕は日本に戻っています!
はいどーも。明日からの5連休計画全く立ててないもりぞーです。 サイバージャヤをご紹介するのは今日が最後になります。   そしてその最後の特集の日に、なんと『ボンビーガール』でサイバージャヤが特集されたんですって!!!!!!   もし、番組名が『ボンビーボーイ』であれば間違いなく僕が抜擢されていたであろうことが、悔やんでも悔やみきれませんが。     しかも今回の『ボンビーガール』の主人公は、前回の記事で説明して僕が1カ月住ませてもらった『シャフツベリー』の住人というではないですか。   それでは、どんな内容だったのかを、僕の余計なコメントを勝手に補足して見ていきましょう!     以下番組の要約抜粋 ======================================== ①「ボンビーガールに会うため、劇団ひとりがサイバージャヤにあるという彼女の自宅を訪問。」 ⇒劇団ひとり!!別にどっちでもいいや!笑         ②「1か月の家賃が38000円と聞いていたのにフロントやカフェ、専用プールなどがある超豪華なマンションだった。」 ⇒前々回の記事で取り上げましたがシャフツベリーは完全にリゾートホテルです。 記事URLhttp://malaysiamorimori.muragon.com/entry/12.html     ③「ボンビーガールが住む15階の部屋に入ると、そこには家具やテレビなどが備え付けの完璧な部屋があった。 ⇒家借りるときは同じような間取りでも、だいたい完全家具付き、一部家具付き、家具無しでそれぞれ月の家賃が100200リンギくらい変わります。     ④「同僚の女性は「マイタクシー」というアプリを使ってタクシーを呼び、」 ⇒誰もが持ってる鉄板アプリですが、最近は『Uber』というタクシーアプリが僕らの中で激熱です。クレジットカード引き落としといういささか不安はあるものの、運賃はだいたい普通の2割引きくらい。車も大抵キレイで、なんと深夜料金がかからないというめちゃ画期的なサービスです!     ⑤「劇団ひとりも乗せてクアラルンプールに向かった。2人の家からクアラルンプールまで約33km。同じ距離を東京~横浜で走ると約11000円だが、マレーシアでは約1500円で行けてしまう。」 ⇒ここにある通り、サイバージャヤからKLまでだいたい50リンギットくらい。     ⑥「3人はタクシーから降り、大衆食堂でご飯を食べた。食堂の値段ももちろん安く、劇団ひとりはたった300円で満足した。」 ⇒KLに関わらず大衆のレストランやったら、確かに10リンギあれば腹いっぱい食えます。       ⑦「1ヵ月、優雅な休日と10万円貯金が出来る」 ⇒全く僕と同じ仕事ですねきっと。僕はその10万円を貯金せずに世界経済を動かすために使っているため、すってんてんですが。     ⑧「またサイバージャヤのコールセンターも世界中から進出していると伝えられた。」 ⇒これに関しては、僕の記事『マレーシアのシリコンバレー』で説明済みですね。 記事URLhttp://malaysiamorimori.muragon.com/entry/8.html     ⑧「ここで実際の求人情報サイトが紹介され、マレーシアでも英語力不問、年齢制限なしなどという企業もあると紹介、就労ビザや渡航費負担も説明された。」 ⇒これに関しては会社によるでしょうが、まったく英語やってなかった人はたぶん相当きついです。少なくとも僕の会社では。僕一応TOEIC850ありますが、英語力は余裕で部署内ワースト3位に入ります。(TOEICのスコア≠英語力であることを痛感しています。)  =============================================     はい。とまあこんな感じ。 すでに説明したことも多いですが、細かいところも伝えてくれたようですね! ありがとう劇団ひとり!!         はい。今日は明日からのGW計画を練らないといけないのでこの辺で。 そして、明日からはすこし脱線して1人旅の様子をお伝えします。 明日は初シンガポールにいくぜ!!待ってろマーライオン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です