『自分の仕事だけやればOK』はOKじゃないよ〜マレーシアに新卒で就職したカップルのブログ〜

注意
この記事はhttps://malaysiamorimori.muragon.comから移行した記事です。
2015年に書いたもので、2018年3月現在僕は日本に戻っています!
はい。   今度は仕事ができない人の特徴。   内向的で自分の仕事だけやればOK を考えてみたいと思います。 (正直外資系である要素は、できない人に関しては見つけにくいです笑)     内向的であることがいかに外資系で働くことにマイナスに響くのかはすでにできる人の方の記事で書きました。 http://malaysiamorimori.muragon.com/entry/70.html     なので今回は自分の仕事だけよければOKという人達について考えます。 偉そうに書いていますが、僕は新卒で一つの職場しか見てないわけですから、どうしても僕の職場の話よりになってしまうことは勘弁してください。     周りには3カ国語しゃべれる人がたくさんいます。 そして仕事もテキパキとこなす人もいます。 黙々とやってそれが終わったら、そそくさと帰る。   個人単位で見たら別に全然OKです。 だけど、その人達ってチーム全体で何かみたいなことをまかせてくるなって雰囲気があって。   なんか会社グループでアクティビティがあったり、 みんなで飲みに行こうみたいなことがあっても、 基本関わりたがらない。   それは別に全く悪いわけじゃなくて、それは個性です。 でも、チーム単位でなんかまとめて動くタイミングで声をかけられるのはそういう人ではないです。   仲間内の場に積極的に顔を出してコミュニケーションをとり 他の人が困ってたら積極的に助けてあげたり、 小さな頼まれごとも嫌がらずに気持ちよくやったり   そういう一見関係のない日頃の小さい動きの積み重ねを見て、 上司は『こいつやったら』と思って声をかけるのだと思います。   すこしずつその頼まれごとは大きくなっていって、 雑務だったものが、重要な仕事も任せられ、責任も大きくなって   いつのまにか、小さな頼まれごとは、チーム全体のプロジェクトリーダー になるくらいになると。     ということで。   その小さな頼まれごと、人のため、チームのための積み重ねができる人だけが、 上に立つ立場になるのだと思います。   あまりまとまりませんでしたが、今日はここまで。 ひさびさにイカレタ友人とKLの街に飛び出していきます!!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です