僕が留年してまでTOEIC満点を目指したわけ〜マレーシアに新卒で就職したカップルのブログ〜

注意
この記事はhttps://malaysiamorimori.muragon.comから移行した記事です。
2015年に書いたもので、2018年3月現在僕は日本に戻っています!
    はい。   5時起きで疲れましたとマレー人の上司にいったら、「俺は4時に起きてお祈りしてた」と言われぐうの音もでなかったもりぞーです。     ブログを始めて3週間がたち、アクセス数も3500を突破しました。 いつもくだらないブログに付き合ってくださっているみなさん、ありがとうございます。 (時間は大切に使いましょうねw)       さてさて、少したるんでいた日常の反省で、昨日から再びTOEICの勉強を再開しました! ということで今週のテーマは『TOEICってどないやねん』ということで書いていきます。   なんでまたTOEIC?というと思う方もいるかもですが、理由は二つあります。   一つ目は、結局900点すら突破できずにTOEICを終えてしまった自分の汚点を払拭したいから。 二つ目は、マレーシアに来たからといって気を抜いて、結局まともに英語使えてないから。   です。 当然日常会話とかのレベルを上げたいわけですが、ただ日常会話の勉強とかって全然面白くないし、僕ってわかりやすい目標ないとまじで頑張れない人間ですので。   まあ、日常や仕事で英語使っている立場になった今から見ると、また違った角度からTOEICに取り組めるとも思いますし、なにより英語に毎日触れる強いモチベーションを生みだしてくれますから。   そして今日は、一年前の4月から僕が書いてたブログを引っ張ってきて、   『なんで俺は留年してまでTOEIC満点を目指してたのか?』ということを思い出して初心に帰ろうと思います。     ====================   今日は、なぜ僕がTOEIC満点を目指すのかを、自分への再確認の意も込めて書こうと思います。     理由を大きく三つに分けますと、 ①海外から目を背けてきた自分への、海外進出のきっかけにするため。 ②お前といえば、これ!と言ってもらえる武器を身につけるため。 ③大学の残りの単位をTOEICで取得するため。     の三つです。   ①の理由としては、大学4年間で「とりあえず海外行けみたいな風潮ほんまにダサいわw」という言葉を言い訳にして、海外から逃げていたことにひどく反省をしたからです。   このまま社会人になったら、確実に自分に言い訳して一生国内で収まってしまう人間になると思い、一つのきっかけとしてTOEIC満点とってやろうと思いました。   ②の理由は大学時代、団体を立ち上げたり、たくさんの団体活動をかけもちしたり、アルバイトを複数してきた私は、たくさんの友人と経験が出来た代わりに、「俺はこれは誰にも負けない」という武器を持てていないことがずっとコンプレックスでした。   この一年は、今まで分散していた力を一極集中すれば、一つくらいは武器を身につけられるのではないか、そう考えたわけです。   ③はとてもシンプルで、2時間半通学にかかる今、たった3単位のために高い交通費と時間を費やすのはすごく無駄で、TOEICで残り単位を全て取ってしまって、まるまる海外に行くなどの時間に費やすべきだと考えたからです。   =====================   だってw やれ風俗だやれ童貞だいうてる僕には考えられないような真面目な『石北会系』ですね。   ただ、②に関してはすっかり忘れてたことだったので、なおさらやっぱりTOEICに関してはこのまま終われないなっていう思いに火が付きました。   次のテストはちょうど一カ月後の8月8日! 200リンギットの痛い受験料(あらちょうどSPAの値段w)ですが、TOEIC900点突破するまで毎回受けると決めました。   『このお金浮かしたらSPAいけるやんけ!!くっそ~~~~~』という思いで自分のお尻をバーニングしながら頑張っていきたいと思います!!   (SPAについて知らない人は↓の記事を見てね!!w) http://malaysiamorimori.muragon.com/entry/17.html       それでは、英語の勉強しに行ってまいりやす!!再見!!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です