外資系で仕事ができる人、できない人〜マレーシアに新卒で就職したカップルのブログ〜

注意
この記事はhttps://malaysiamorimori.muragon.comから移行した記事です。
2015年に書いたもので、2018年3月現在僕は日本に戻っています!
  はい。   外資系言いたいだけです笑     僕も社会人になって5カ月くらい経ちましたので、職場で仕事ができる人、できない人の違いみたいなものがうっすら見えてきました。   今日からその人達の要素シリーズを書いていって、できる人の要素は当然見習って取り入れ、できない人の要素は反面教師にし、自分はそうしないようにという戒めにしていきたいと思います。   それではさっそく僕が思う外資系で仕事ができる人、できない人の要素を三つずつ書きます。       外資系仕事ができる人 ①外交的でいつ、どこで、誰に対しても平等  ②高速PDCAを回している  ③複数言語を高いレベルで使いこなせる。    外資系仕事ができない人  ④内向的で自分の仕事だけやればOK  ⑤目標が無い、もしくは低すぎ  ⑥愚痴言うのが生きがい       です。   一見外資系関係ないやないか~いと思う要素がほとんどですけど、これらを選んだ理由に少し違いがあると思います。   今日のブログは短いですが、これらについて深く掘り下げていきます。 それではお楽しみに!!         PS もうすぐ、僕は人事異動的なもので今のところより、倍以上忙しいところに変わるため10年越しにブラインドタッチを習得しましたwww  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です