愚痴言うのは確かに楽しい。けど・・・。〜マレーシアに新卒で就職したカップルのブログ〜

注意
この記事はhttps://malaysiamorimori.muragon.comから移行した記事です。
2015年に書いたもので、2018年3月現在僕は日本に戻っています!
BBQ楽しかったーーーー!!!   なぜか、『アクティビティ担当』に任命された僕の初仕事でしたが、 人数が結構多いうえに、会社のめっちゃ上のポジションの人たちも来ていて、 そして僕のコンドミニアムのセキュリティがとんでもなく最近厳しくなった ので、いろんな不安要素がありましたが、なんとかうまくいって良かったです。   結構めんどくさいところもありましたけど、次もまた積極的にやりたいなって、思いました。     はい。 それでは、今日は外資系で仕事できない人の要素   『愚痴をいうのがいきがい。』   ですね。   愚痴を言う人=仕事ができない人の因果関係って、誰しもわかっているようで、はっきっりと認識してる人は少ないんじゃないでしょうか?   おそらく、僕が思うその因果関係下記の通りです。   ==========================   ①愚痴を言う=他者、環境依存(責任の所在を外に置く) ただ、どれだけ悪口を言っても他人と環境は変わらない(むしろ又聞きで悪化する)なので   ②他者、環境依存=生産性がない。 ということが一つ。   そして、責任を他者、環境に置くので、自分自身で何も改善しようとしない。だから   ③他者依存=自分を改善しない。 最初から仕事が出来る人なんていない。だけど改善さえしていければ仕事はできるようになる。でも改善をしていない限り、仕事が出来るようにはならない。なので   ④自分を改善しない=仕事ができない。     A. よって、①②③④より、 愚痴を言う=仕事ができない である。     ==========================   ですね。(証明の仕方雑っw)   出来る人も含めて整理すると、   ①一流 全体最適を図る(すべて自分の責任もちろん、全体をいかに良くするかを常に考えている) ②二流 自己責任(責任を自分の中に置く) ③三流 他者依存(責任を自分の外に置く)   であると。   まだまだ三流の僕ですけど、出来る人を見ていて思うことだなと。 人がそういうのを言ってるのを聞いて自分は言わないのはもちろん、それを止められるようになったらほんまにええなと思います。   では、今日はマレーシア90年会を立ち上げるべく、KLでミーティング?をしてきます!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です