日本のええとこ、悪いとこ〜マレーシアに新卒で就職したカップルのブログ〜

注意
この記事はhttps://malaysiamorimori.muragon.comから移行した記事です。
2015年に書いたもので、2018年3月現在僕は日本に戻っています!
  はい。 今日から『日本のえーとこわるいとこ』について書いていきます。   というのも、先週こっちにきてから初めて日本に帰ったので、マレーシアにいた自分から日本を見るとまた違ってみえたところがいくつかあったんです。   その時に感じたよかったこと、わるかったことをマレーシアと比較しながらシンプルに書いていこうと思います。   今日は、明日からのテーマ6つを書いて終わります。       良い点  ①女子の美意識が高すぎ(高島屋の店員がみんなかわいすぎて、5歳は若返りました。) ②食べられるものの質、種類が圧倒的(何食べるか考えるだけで幸せになれる日本はすごい。) ③接客が神対応(マレーシアは、ぱるるも真っ青の塩対応)       悪い点  ④湿度高すぎ(夏はマレーシアより余裕で熱い上に、湿度が異常) ⑤テンション2段低い(最初に電車乗った時のみんなの雰囲気が2段ぐらい暗い) ⑥ワイファイ無さ過ぎ(フリーもしくは、解放してるとこがめちゃ少ない)       とまあこんな感じ。 (正直女の子だけで良い点3つ埋められるんですけど、さすがに控えましたw)     これらって一件表面的な違いなように見えて、掘ったら結構深くておもしろいところにたどり着くような気がしています。(なぜ、他のアジア人は化粧をそこまでしないのかとかね)   とにもかくにも、日本人女子がいかに毎日『美』に対して努力をしているか、大変な思いをしてるかということをすごく感じました。   日本のみなさん本当にその努力には自信を持ってください。 日本にいたら気づきませんが、すくなくともアジア女子はさぼりまくりです。(平均的にですよw)   一歩外に出たら、その努力はすぐに形になって報われます絶対。 みんなやってないから。   結局優越感も、劣等感も相対によって判断されるものでしかないなということをとても感じます。       PS 俺も日本で女の子に生まれてたら、今頃ブログなんか書かずに、4、5人のマッチョマンに抱かれてたと思うとやりきれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です