【マレーシア就職前の準備に!】マレーシアの語学学校の選び方

まいまい

こんにちは!まいまいです。

記念すべき最初の記事は、「マレーシアの語学学校の探し方」について書きたいと思います。

このテーマを選んだ理由は語学学校が、私がそもそもマレーシア移住を決めた転機となったからです。

私が実際に入学してみて出会った日本人の方の多くは、学生転職活動中の方駐在妻の方、そして仕事で英語を使いたい方という方々でした。

海外で就職を目指している方もきっと、その準備の一環として英語を学びたいという方が多いのではないでしょうか。

マレーシアに就職を希望されている方は現地の環境を肌で感じることができますしね。

実際、語学学校のカリキュラムの一環にビジネス英語の授業も選択できました。

私もその授業を受けていたことがあったので、今となっては役に立ったなと思います。

今回は

  • 就職前に英語を勉強したい方
  • 語学学校に興味はあるけどどうしたらいいのかわからない

と悩んでいる方に向けて、私の経験談を書いていきたいと思います。

大丈夫です。

私マレーシアが東南アジアのどこに位置しているかもわからないレベルでスタートしましたから、、笑

それではさっそくですが本題に入っていきたいと思います。

なぜマレーシアへ?

はじめに私がマレーシアへ渡航することとなった経緯を簡単に説明します。

国際関連について学んでいた短大2年の夏。

進路は編入でと決めていた私に、インド人の教授から

『短大最後の夏休み、短期留学でもしたら?フィリピンとか韓国とかアジアに行ったら?』

と一言。

それまで留学=英語圏だった私には衝撃的で、

「え、アジア?」

と。

私は英語圏しか行ったことがなかったので。

思えば確かにフィリピン留学は有名だけど、、、日本人が多いと聞くしあまり気が乗らず。

そんな中パッと浮かんできたのがマレーシアでした。  

高校時代に国際交流イベントで、仲良くなったマレーシア人の方がいたんです。

「マレーシアはいいとこだから、いつかおいで。」

と言われその時初めてマレーシアについて色々調べたんです。

  • どこにあるの?
  • 物価は?
  • 宗教は?
  • 気温、天候は?暑いって聞くけど・・・
  • 食べ物は美味しいの?

etc…

調べていくにつれ、

「イスラム教?なのにチャイニーズもいるの?え、ジャングルあるの?なんなのココは。」

っていう感じで、最初は好奇心だけでマレーシアへ行くことに決めました。

行くと決めたものの、あとはどうやって学校を選んだらいいのか、夏休み間近になってひたすらマレーシア留学を検索してましたね。

マレーシアの語学学校

マレーシアの語学学校は、クアラルンプール/セランゴールに合わせて約10校あります。

それぞれの学校に特徴があって、本校が英語圏にあったり、大学付属の学校であったり、先生がネイティヴであったりなかったり、IELTS/ TOEFL/TOEIC/大学進学に特化した授業があったり様々です。

滞在方法としては、基本的には学校で寮としてコンドミニアムなどを手配してくれる(任意)ところがほとんどです。

では、マレーシアの語学学校の良さってなんなのか、私が調べたメリットをあげてみたいと思います。

マレーシアの語学学校の3つの特徴

それでは、マレーシア語学学校の3つの特徴をお伝えします。

  1. 語学学校のクオリティが高く、欧米留学と同じカリキュラムを受けられる。

  2. 留学費用は半分と格安

  3. いろんな国の人達と繋がれる

それぞれ説明しますね。

1、語学学校のクオリティが高く、欧米留学と同じカリキュラムを受けられる。

マレーシアにはたくさんの欧米系の語学学校のマレーシア校が存在するので、実は欧米で留学する時と同じ内容で授業を受けることができるんです!

また、母国語で話すと注意されたりするような学校も多い上に、クラスも少人数で受けられるので、質の高い授業を受けられますよ!

2、留学費用は半分と格安

欧米の語学留学と比較すると、半額以下の費用で授業を受けられます。

しかも、滞在期間中の費用も物価が安いマレーシアなら安心。

シェアハウスなら3万円単位からプール・ジムのついた高級ホテルのようなところにも住めちゃうんですから!

3、いろんな国の人達と繋がれる

マレーシアという国自体がすでに多国籍ですが、さらにマレーシアが東南アジアのハブのような役割を果たしているんです。

その上、周辺の東南アジア地域はもちろん、中東の国からお隣韓国など本当にたくさんの国の人たちと触れ合って仲良くなることもできるんです!

私が選んだポイント

 

私が選んだ基準としては

  • 費用
  • 学校の校風
  • 滞在先

です。

まずはじめに考えたのが費用です。

あまりお金もかけられない状況だったため第一に考えました。

期間は3週間、滞在方法はと決めていました。

校風としては、とにかく日本語を話したくなく母国語禁止・日本人少なめな学校。

そして講師はネイティヴでと考えていました。

せっかくなので滞在先は、シェアルームで綺麗めなコンドミニアムがいいなと思っていました。

それらを考慮するにあたって、マレーシアが初めてだった私は留学エージェントを利用することにしました。

(自分で手配できる方は自分で手配した方が良いですが、最初は難しいと思うので。)

ちなみに私が利用したエージェントはコチラ。

グローバルスタディ留学センター

今でこそ、マレーシア留学を取り扱うエージェントなどは多くなっていると思うのですが、数年前は今よりエージェントが少なかったと思います。

新宿にセンターがあり、1度カウンセリングを受けに行き、ここを利用させてもらう最終決定をしました。

このエージェントを選んだ理由としては、カウンセラーの方の対応がすごく好印象だったからです。

ちなみにこの最初の渡航後もう一度ビザの関係で利用することになるのですが、同じ方に対応していただきました。

行くまでも行ってからも、こまめにメールをいただき手厚くサポートしていただいて感謝しています。

なので、マレーシア初めてで心配という方はエージェントを使う手もありなのでは?

なんせ欧米などと違って、マレーシア???とわからないことだらけだと思うので。

(後々知ることとなりますが、マレーシアの諸手続き全般について最新の確かな情報を得ることはとても難しいです。そうです、彼らのルールは気まぐれなのです、、、笑)

ついに決定!私が選んだ学校はココ

そんなことでやっと、語学学校を決めました。

私はここ、English Language Company Malaysia(通称ELC)を選びました。

ELC公式サイト

今振り返ると、ELCを選んで本当によかったと思います。

実際ELCでの生活がどうだったのかといったポイントは、次回の記事でお届けしますね!

最後に

マレーシアには語学学校が複数あります。

選び方で一番大切なことは、「自分自身の基準をしっかりと持つこと」

学校ありきではなく、基準を決めた上でそれに沿った学校を決めればスムーズに選ぶことができますよ!

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です